Crisis Simulation Workshop

JSIE, together with Global Health Innovation Policy Program of GRIPS, organizes a Crisis Simulation workshop. Note: Application is now closed. Thank you for your interest. What is Crisis Simulation? It is an active learning exercise, where students will take part in a simulation of a regional crisis that may affect multiple nations in various ways. Participants play…

Crisis Simulation Workshop

JSIEはGlobal Health Innovation Policy Program(政策研究大学院大学GRIPS)と一緒にCrisis Simulation Workshopを開催します。 (注)参加者の応募は締め切りました。沢山のご応募ありがとうございました。 クライシス・シミュレーションとは? 危機管理の現場では、普段からの準備としてクライシス・シミュレーション手法(*)を用いたトレーニングが有効とされています。米国の大学・大学院をはじめ、国連などでも疑似体験を伴うクライシス・シミュレーション手法を用いたワークショップや授業が多く行われています。今回は、国際情勢や外交問題、周辺地域情勢に精通している第一線の米国の専門家と連携し、周辺地域情勢に関するクライシス・シミュレーションワークショップ(1日)を実施いたします。具体的には、実際起こりえる危機的状況を仮想的に作り出し、参加者が普段机上では思いつかない危機的状況に対応していくことで、その場での判断力や対応力、気づきなど実践的な学びを得ることを目的とします。日本では安全保障専門家らによるプログラムなど特定の分野において実施されていますが、このような手法を使って一般的にトレーニングを実施しているところは日本にはまだ少なく、安全保障、外交、ビジネスマネジメント、公衆衛生など多様な分野で求められる危機管理の対策を学ぶ貴重な機会です。学生のみなさんのみならず、社会人の方の参加も歓迎します。 (*) 次から次へと危機的状況が発生した際に、どのように対応すべきか机上での疑似体験、シミュレーションを通じて学びを得るトレーニング手法です。 分野: 国際関係・周辺地域情勢 ワークショップ開催日時: 2019年1月31日(木曜日)09:00 – 17:00 言語: English  定員: 25 – 30人  (ワークショップ全日参加できる方のみ) 場所: 政策研究大学院大学キャンパス (詳細は参加者の方にお知らせします) 応募資格:英語で議論できる方(大学院生、社会人) 参加費: 無料 (最後にアンケートに答えていただきます。

第18回 Washington Women’s Dialogue & Networking

X Washington Women's Dialogueについて 社会の閉塞感を打ち破る大きな原動力となりうる女性や若者の活躍の場を広げ、一人ひとりが力を発揮でき、一人ひとりがリーダーシップをとり、力を発揮し行動することによって、誰もが自分らしい生き方のできる社会の実現を目指します。そのために、女性のエンパワーメントを促進しながら、グローバルコミュニティに対する貢献度を高めることを目的としてWashington Women’s Dialogue(WWD)を開催しています。WWDでは、国際問題や社会問題など幅広いイシューを考えつつ、先達の生き方に学ぶ場を提供します。ワシントンDCを拠点にロールモデルとなる各界のリーダーをゲストスピーカーに迎え、ライフストーリーを共有しながら、少人数でスピーカーと身近に議論できる機会を提供いたします。本イベントシリーズはMaureen and Mike Mansfield Foundationのご協力をいただいております。 今回のスピーカーは、ワシントンで活躍するアーティストをお招きしました。木村綾乃さんはワシントンバレエ団のカンパニーダンサーとして、ロミオ&ジュリエット主役をはじめ、今シーズンハイライトである眠れる森の美女(2019年2月)でも主役を務める予定です。一方、柳谷良さんは新進気鋭のピアニストとして、音楽監督も務めながら演奏会もエネルギッシュに行うなど、今を輝くお二人にこれまでの道のり、選択肢、決断、現在のお仕事についたきっかけや、またどのようにご自身のキャリアを築き上げ開拓されてきたのかお話をお伺いしました。ファシリテータはJSIE Councilメンバーの林由佳さんが務めてくださいました。 日時:2018年11月13日(火曜日)18時30分~20時00分(18時00分よりネットワーキング) 場所:Maureen and Mike Mansfield Foundation 1156 15th Street, NW Suite 1105 | Washington, D.C. 20005) スピーカー:木村綾乃氏(ワシントンバレエ)、柳谷良氏 登壇者略歴 木村綾乃氏 ワシントンバレエ団 カンパニーダンサー 京都市出身。9歳からバレエを学び15歳で単身イタリアに2年間留学、主席で卒業。その後にワシントンバレエ学校からスカラシップを得て短期留学。留学前にはニューヨークで毎年開かれている国際コンクール、数々の国内コンクールにて上位入賞、同時に東海テレビ賞を受賞。2011年にワシントンバレエ団入団。入団直後’海賊’全幕でソリストに抜擢される。ワシントンDCメディア番組等に出演。2017年度ブノワ授賞式(バレエ界のアカデミー賞)のガラ公演ではワシントンバレエ団のブルックリン・マック(ノミネート)のパートナーを務めロシアの各紙に掲載される。バレエ団では主に主役、ソリストを踊り2年前の’ジゼル’では新監督のジュリーケントから本番直前に主役の代役を任され全幕を踊る。昨シーズンの’ロミオとジュリエット’ではジュリエット役に抜擢され高く評価される。古典バレエ以外にも数々の著名振付家の作品を踊りコンテンポラリーやネオクラシックバレエ等幅広いレパートリーを持つ。最近ではワシントンバレエ学校にて若手育成の為に後輩の指導にもあたり、活動の幅を広げている。 Ryo Yanagitani, Artistic Director of the Ryuji Ueno Foundation Hailed by the Washington post as “A pianist’s pianist”, Ryo has established himself…

第5回 First Movers Forum

アカデミーヒルズライブラリ × JSIE コラボ企画 グローバルに活躍する起業家や自ら行動する方たちから、地域やグローバル社会の抱える問題解決への実践的取り組みを直に聞くことは、私たちに刺激やヒントを与え、新しいことに挑戦するきっかけを提供してくれます。JSIEはフォーラムを通じて、幅広い分野・地域で活躍する「行動する人」を応援し、地域やグローバル社会の抱える問題解決へ取り組み、私たちも新しいことに挑戦し活躍する場を国内のみならずグローバルに広げる視野を持つことを目的としています。 第 5回は、社会の変化に伴い、これまでの価値観から飛び出して新しいスタンダードを作り出す、というテーマです。グローバル化と技術発展により、社会の変化は非常に早くなり、それに伴いこれまで常識と思われていたことが必ずしもマッチしなくなってきています。そうした状況で重要なのは、新しい価値を(再)創造する力です。そこで、伝統技術なども用いて自己実現したり、新たな常識を作り出し社会的インパクトを生み出す活動をしておられる方々にお集まりいただきました。スリール(株)を2010年に設立した堀江氏は、ワーク& ライフ・インターンを通じ、何百家庭ものキャリアや働き方に接し、インターンとして参加する学生たちの視点を変えてきた。貝沼氏は、伝統的な漆器に人をつなぐ新たな社会的価値を見つけ起業し世代を超えて受け継ぐ概念を「めぐる」ブランドで発表。税所氏は、大学在学中にバングラデッシュにわたり画期的なe-Educationを開始し五年連続で貧困地域の高校生を国内最高峰ダッカ大学に入学させ人々の価値観を覆した。今回のFirst Movers Forumは、まさに、これからの持続可能な社会を目指した新しい価値観の創造、また社会イノベーションに関わり行動する皆様にお越しいただき、これまでの経緯、情熱の他に必要なもの、社会へのインパクト、そして新しい挑戦に取り組みつづけることについて、ざっくばらんに座談会形式でお話していただきました。 開催概要 開催日:2018年11月20日 19:15〜20:45(開場 18:45) 会場:アカデミーヒルズ 六本木ライブラリー テーマ:「新しいスタンダードを創る」 パネリスト:堀江敦子氏、貝沼航氏、税所篤快氏 (略歴は下記参照) 形式:座談会形式、質疑応答 ファシリテータ:JSIE 村上博美 司会:JSIE  杉田麻由美 登壇者 堀江 敦子|Atsuko Horie スリール株式会社代表取締役社長 2010年スリール株式会社を設立。ライフキャリア教育プログラムであるワーク& ライフ・インターンを通じ、何百家庭ものキャリアや働き方を自らの目で見た経歴を持つ。 内閣府「男女共同参画会議専門委員」、厚生労働省「イクメンプロジェクト委員」、東京都文京区 「ぶんきょうハッピーベイビー応援団委員」など、複数行政委員を兼任。日経ウーマン「次世代ガール25人」 、日経ビジネス「チェンジメーカー10」 、「第9回若者力大賞ユースリーダー賞」 選出。日経新聞、テレビ東京ガイアの夜明けなど、メディア取材多数。 貝沼 航|Wataru Kainuma   漆とロック株式会社(Urushi Rocks Inc.)代表 1980年福島県福島市生まれ。東京の大学を卒業後、会津若松市に移住。サラリーマンをしていた25歳の時に、縁があり訪れた工房で漆器づくりの現場に魅せられ、職人さんたちを応援したいと会社を辞めて起業。2015年、世代を超えて受け継いでいくことをテーマにした漆器ブランド『めぐる』を販売開始。同年、グッドデザイン賞とウッドデザイン賞・審査委員長賞を受賞。また、木と漆という自然の素材の魅力や職人さんたちの手仕事の意味を実際に現場で体感してもらう産地ツアー「テマヒマうつわ旅」を展開。会津で国産漆の植栽活動に取り組むNPOの副代表も務める。漆と人を繋ぐコミュニケーターとして、全国をまわり漆器のある暮らしの豊かさについて講演やイベントも行っている。 漆とロック:http://www.urushirocks.com/ 漆器「めぐる」:http://meguru-urushi.com/ テマヒマうつわ旅:http://tematrip.com/ 税所 篤快|Atsuyoshi Saisho 国際教育支援NGO(e-Education)創業者 一九八九年、東京都生まれ。早稲田大学卒業。二〇〇九年大学在学中にバングラデシュに渡り、同国初の映像授業(e-Education)をスタートさせ、五年連続で貧困地域の高校生を国内最高峰ダッカ大学に入学させる。二〇一四年世界銀行本部イノベーションコンペティション最優秀賞を受賞するなど、教育分野でのNGO活動に邁進。現在は一般企業の会社員として勤務、一年間の育休中。著書に『前へ!前へ!前へ!』(木楽社 自ら手売りキャンペーン中)『最高の授業を世界の果てまで届けよう』(飛鳥新社)『若者が社会を動かすために』(ベストセラーズ)『失敗から何度でも立ち上がる』(中竹竜二との共著 PHP研究所)など。 村上 博美|Hiromi Murakami JSIE代表(ファシリテータ) Japan Institute for Social Innovation and Entrepreneurship代表。ワシントンDC経済戦略研究所(ESI)上席研究員、米国戦略国際問題研究所(CSIS)グローバルヘルスポリシーセンター非常勤フェロー。米国ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)や政策研究大学院大学でも教鞭をとった後、2015年にJapan…

5th First Movers Forum

Academyhills Library x JSIE Collaboration event JSIE, in association with Academyhills Library, launched a new forum series “First Movers Forum” in 2017. We welcome globally-active first movers in various fields to participate as speakers/panelists and to share their trials, challenges and lessons. We support individuals who have the courage to solve local/global challenges and to…

2019 WISEサマープログラム in 別府

WISE 2019 in Beppu 「Global x Inclusive x Leadership  ~ アイデアをカタチに」 2019年8月2日~4日(2泊3日) 共催 Ritsumeikan Asia Pacific University 協力 ICAS Temple University Japan, Center for Global Partnership, Department of State JSIEは、社会の閉塞感を打ち破る大きな原動力となり得る女性や若者の活躍の場を広げ、一人ひとりがリーダーシップをとり、力を発揮し行動することによって、誰もが自分らしい生き方のできる社会の実現を目指します。Women’s Initiative for Sustainable Empowerment (WISE) プログラムは、そのために自立して主体的に人生を選択・決定し、複雑化する国際社会や地域社会の中で自分らしく、そして他者と協調しながら活動し、問題解決能力と起業家精神をもち、創造的かつ成果志向型の思考・判断、そして実践的行動をとることができる新しい21世紀型グローバル人材の育成をめざしています。 第5回WISEサマープログラム in Beppu 会場:大分県別府市十文字原1-1 立命館アジア太平洋大学(APU) プログラム期間:2019年8月2日~4日(2泊3日間) 言語:英語 定員:35名 WISEサマープログラムの趣旨 2019年サマープログラムでは、SDGsなどグローバルな課題にも共通する、身近な社会的課題の解決に向けた活動のアイデアを具体化する機会を提供します。アイデアをより具体的なものへ、また新しいことを生み出す経験を共有し一緒に考えてみませんか?持続可能性のある取り組みへ進化させることを目指しています。グループワークを通じてリーダーシップやコミュニケーションを実践するプログラムで、特に以下の点を重要視しています。 問題を発見、定義する力 他者へプレゼンし、伝え、説得する力 人を巻き込む力、協調や交渉力 多様な価値観を受け入れ、柔軟に考える力 ベストな成果を引き出すためのリーダーシップ プログラムの特徴 国際的に活躍する方たちと直接交流し、グローバルコミュニティに参加できる アイデアをプロジェクト化するためのアドバイスがもらえる アイデアから一歩先へ進めるプロセスを体験できる 同じ方向を向いて支えあう仲間ができる 募集テーマ グローバルな視野でInclusiveな社会を実現するために、地域社会における社会敵課題の解決を目指す活動や、次世代へ繋げる豊かな社会の創造に向けたアイデアを募集します。例えば、…

17th Washington Women’s Dialogue

Date & Time:Tuesday, October 9th, 2018  18:30~20:00(Door opens 18:00 for networking) Venue:Maureen and Mike Mansfield Foundation 1156 15th Street, NW Suite 1105 | Washington, D.C. 20005) Speakers:  Ms. Sarah Colon, and Ms. Saleema Vellani Capacity:25(※Registration will close when it reaches capacity.) Language:English Please register and make a payment below. (JSIE free-member login is required for registration.) 

第17回 Washington Women’s Dialogue

X Washington Women's Dialogueについて 社会の閉塞感を打ち破る大きな原動力となりうる女性や若者の活躍の場を広げ、一人ひとりが力を発揮でき、一人ひとりがリーダーシップをとり、力を発揮し行動することによって、誰もが自分らしい生き方のできる社会の実現を目指します。そのために、女性のエンパワーメントを促進しながら、グローバルコミュニティに対する貢献度を高めることを目的としてWashington Women’s Dialogue(WWD)を開催しています。WWDでは、国際問題や社会問題など幅広いイシューを考えつつ、先達の生き方に学ぶ場を提供します。ワシントンDCを拠点にロールモデルとなる各界のリーダーをゲストスピーカーに迎え、ライフストーリーを共有しながら、少人数でスピーカーと身近に議論できる機会を提供いたします。本イベントシリーズはMaureen and Mike Mansfield Foundationのご協力をいただいております。 今回のスピーカーは、試行錯誤を繰り返しながら「ノマド(遊牧民)」ワーク的なスタイルで自由にキャリアを築き上げてきた女性たちの登場です。Sarahは現在エネルギー省に務めていますが、かつて日本で英語教師を務め、国際関係論(日本研究専攻)の修士号を取得後、NGOや日本政府機関などにもコンサルタントとして働き、交通事故にあったことをきっかけにそれまでの仕事を辞め、新たに始めたAirbnbでベセスダ地域トップのスーパーホストに輝くなど、多様な職業に従事してきました。一方、Saleemaは、同じ大学で修士取得後、世界銀行やUpworkなども含む多くの企業のコンサル事業に携わってきた一方、かつて立ち上げたブラジルの語学学校が今やブラジル最大に育つなど4か国で5つの起業を成功させ、とうとう自分の会社Innovatizingを立ち上げ代表となると同時に、現在母校SAISで起業に関するコースを教えています。お二人のこれまでの道のり、選択肢、決断、起業への方向転換のきっかけや、またどのようにご自身のキャリアを築き上げ開拓されてきたのかパワフルなお話をお伺いしました。 日時:2018年10月9日(火曜日)18時30分~20時00分(18時00分よりネットワーキング) 場所:Maureen and Mike Mansfield Foundation 1156 15th Street, NW Suite 1105 | Washington, D.C. 20005) スピーカー:サラ・コロン氏(米国政府エネルギー省勤務、Airbnbスーパーホスト)、サリーマ・ベラーニ(Innovazing創設者&CEO) 定員:25人(※定員になり次第、申し込みを締め切りさせていただきます。) 言語:英語 お申込み(お申込みには無料会員登録が必要です) 登壇者略歴 Sarah Colon氏 Key Collaborations Advisor and Senior Writer, the US Department of Energy (DOE) Sarah is currently Key Collaborations Advisor and Senior Writer…

WISE2018 Forum “Kyoto Entrepreneurs Talk”

Kyoto Entrepreneurs Talk: Recreating Value & Going Global JSIE organized WISE2018 Forum “Kyoto Entrepreneurs Talk” on August 26, 2018. At this forum, we welcomed two globally-active Kyoto entrepreneurs, Mr. Masataka Hosoo and Mr. Mitsuyo Yamamoto of JOHNAN. They have talked about how they tried to overcome traditional mindset barrier and go global, wile struggling through…